MAKUA ROTHMAN

ハワイ・オアフ島のノースショアで育ったMakua Rothman(マクア・ロスマン)は、2歳でサーフィンを始めました。そして18歳で世界最大の波(66フィート)をつかみ、ビラボンXXLグローバル・ビッグウェーブ・アワードを受賞し、サーフィン界に旋風を巻き起こしました。サーフィンのチャンピオンである彼は、現在は優れたウクレレ奏者、シンガーとして、音楽への情熱を追求しており、伝説のミュージシャン、Iz Kamakawiwo’ole(イズ・カマカウィウォオレ)、Ledward Kaapama(レドワード・カパナ)、John Cruz(ジョン・クルーズ)から指導を受けています。彼は音楽を通して世界中にアロハを伝えることに情熱を注いでおり、世界中の観衆の前で演奏をしています。彼のハワイアンスピリット溢れるサウンドは、どこにいても人々を笑顔で楽しい気持ちにさせてくれます。


 
 

RVCA MAKUA ROTHMAN